難関資格に合格する

勉強

日商簿記1級は商業簿記、工業簿記、原価計算、会計学の科目があり、各25点ずつ、合計70点以上で合格となります。年2回行われ、合格率は10%前後で推移していますので、なかなかの難関試験です。そのため独学で合格しようと思ったら、相当要領よく勉強しないと難しいでしょう。 ただそれだけ難しい分、日商簿記1級に合格した場合のメリットも大きいです。大学の推薦入試に有利だったり、仕事で手当てが付いたりします。単調な記帳作業だけでなく経営分析などもできるようになりますので、職場での評価も上がるでしょう。更に会計士や税理士などの超難関資格への受験資格も得られるので、これらの資格の登竜門とも言われます。この日商簿記1級を受けるために独学で勉強するときには、通信講座を受けるという方法も視野に入れましょう。通信講座での独学であれば、好きな時間に勉強が可能なので、働きながら、家事や育児をしながらでも自分のペースで日商簿記1級に対しての勉強が可能となります。

日商簿記1級を取るため独学でとなると厳しいため、通信講座を利用している人が増えていますが、学校に通うのとは違うため不安になる人も数多くいます。ですが、いまの通信講座はサポートも充実しているので、分からない部分や質問したいことがあればすることができ、それに対する回答も瞬時に受け取れるシステムになっています。また通信講座によってテキストだけでなく、CD付きで分かりやすいものあるので、独学でも苦になりません。

タブレットで学習

勉強

最終的には、スマイルゼミのみにかかわらず、自分の子どもに会った学習スタイルなのかどうかが大切です。毎月費用のかかることなので色々な教材の特徴や評判メリット、デメリットを把握し、納得した上で申し込むことが一番大切です。

Read more...